【社会人必見!】英語が話せない理由と具体的な対策方法

朝EIGOではコンテンツの一部でAmazonアソシエイト含むPR活動を実施しており、得られらた収益で運営されています。
Pocket

現代社会では、グローバル化が進んでおり、ビジネスの場面だけでなく、日常生活においても英語がますます重要になっています。にもかかわらず、多くの日本の社会人は英語を話すことに自信がなく、これが大きな悩みとなっています。

本記事では日本人が英語が話せない理由とその対策について解説します。
英語が話せなくて困っているという方はぜひ最後までお読みください。

この記事を書いた人
EIGODIA編集部(Hikaru)
・自身が英語を武器にキャリアが広がったことから、社会人向けの英語学習情報発信サイト「EIGODIA」を開始。
・日英の言語交換サロン朝EIGO、英語コーチを探せる英語コーチサーチを運営中。
・サンフランシスコに10ヶ月留学→新卒で楽天入社→現在はWEBマーケターとして活動中
・TOEIC910点。
目次

日本人が英語を話せない主な理由

日本人が英語が話せないことには、複数の要因が存在します。
まずは、英語を話す上での主な障壁となっている要素を深堀りし、それらがどのように相互に関連し合い、英語コミュニケーションの効果を低下させているのかを明らかにします。

基本的な単語力と文法の理解不足

英会話の大半は基礎レベルの単語で成り立っており、日常会話で使用される単語は限られています。
実際に、ネイティブスピーカーが使用する言葉のほとんどは、中学生が学ぶレベルの単語でできており、バイデン大統領のスピーチで使用された単語の約94.6%が中学校レベルのものであったと言えます。

しかし、多くの社会人は高度な単語や専門用語の学習に重点を置きがちで、実際の会話で頻繁に使用される基本的な単語の習熟度が不十分なままです。

加えて、文法の理解不足も大きな問題です。英語の文法は複雑で多岐にわたるため、正確な文法知識がなければ、自然な英語表現を習得することが難しくなります。また、文法的に正しい英語を使用することは、相手に対する敬意を示し、プロフェッショナルな印象を与える上で重要です。

説明力の不足

英語を学習する多くの社会人が直面する一つの大きな壁は、自分のアイデアや考えを英語で適切に表現する能力の欠如です。この能力は単に語彙の問題だけでなく、そのアイデアを組織的に伝え、相手に理解させるための論理的構成や展開能力が含まれます。

多くの日本人は学校教育で文法や読み書きを中心に英語を学びますが、実際に自分の意見や感想を英語で述べる練習はほとんど行いません。このため、ビジネスシーンや日常会話で即座に自分の考えを英語で表現することが困難になります。特に、ストレスのかかる状況下では、この能力の不足が顕著に現れ、コミュニケーションの障壁となってしまいます。

リスニングとスピーキングの不均衡

英語学習においてリスニングは比較的重視されがちですが、実際に話す練習がおろそかになることが多く見られます。リスニングスキルだけが向上しても、それをアウトプットするスピーキングスキルが伴わなければ、実際のコミュニケーションでは不十分です。

多くの学習者は、英語を聞くことには慣れていても、実際に口を開いて話すことには消極的で、これがスピーキングスキルの発展を妨げています。また、スピーキングは実践的な練習が必要であり、単に言葉を覚えるだけでは不十分で、実際に使ってみる経験が重要です。

これらの要因が複合的に作用し、英語が話せないという問題を引き起こしています。

英語が話せない社会人のための具体的対策

英語が話せない原因がわかったところで、これらの問題に対する具体的な対策を解説していきます。
実践的な英会話のスキル向上のための具体的な方法を提案し、英語学習の過程を楽しみながら効率的に進めるテクニック、さらには発音練習とリスニングスキルの強化に焦点を当てます。これらの対策は、読者が英語を話すための自信をつけるとともに、日々の学習習慣をより充実させるでしょう。

実践的な英会話の機会を増やす

英会話の上達には、実際に英語を使ってコミュニケーションする機会を増やすことが不可欠です。英会話クラスやオンライン英会話サービスを利用することで、学習者はリアルタイムでの対話を経験し、即時性のあるフィードバックを受け取ることができます。これにより、実際の会話で使われる自然な表現や言い回しを学び、リアルな環境での反応速度を養うことが可能となります。また、言語交換パートナーを見つけることも、お互いの言語学習をサポートし合う有効な方法です。
現在はAIを活用して安く英会話の機会を増やすことも可能です。
スピークバディはスピーキングとリスニングの両方を伸ばし、頻出の英単語・熟語・フレーズが身につくアプリです! 発音や文法もAIチェックしてレベルを判定してくれます!
いつでも、どこでも、予約なしですぐに出来るものポイントです!
無料で開始できるので、ぜひ試してみてください!

楽しみながら英語を学ぶ

学習を継続するためには、楽しみながら学ぶことが重要です。ゲームやアプリを利用した英語学習は、遊び感覚で日々の練習に取り組めるため、モチベーションの維持に効果的です。
インタラクティブな学習ツールは、学習者に即時のフィードバックを提供し、楽しみながら言語スキルを向上させることを可能にします。さらに、映画や音楽、ポッドキャストなど、英語のメディアコンテンツを活用することも、学習を豊かで楽しいものに変える手段となります。
英語の勉強方法については下記の記事もぜひ参考にしてください。

発音練習とリスニング強化

正確な発音は、英語の理解度を高め、相手により正確に伝わるために必要です。
音声認識技術を利用したアプリケーションを使って練習することで、自分の発音を客観的に評価し、改善点を特定できます。
リスニングスキルに関しては、さまざまなアクセントや発話スタイルに触れることで、実際のコミュニケーションでの理解力を高めることができます。
英語を母国語とする人々のポッドキャストを聞いたり、英語字幕付きで映画を観たりすることは、楽しみながら聴解能力を養う有効な方法です。
リスニングに関しては下記の記事で詳しく解説しています。

継続的な学習のためのモチベーション管理を怠らずに

持続可能な英語学習のためには、モチベーションの管理が不可欠です。目標の設定と進捗の管理は自身の成長を実感し、継続する動機づけとなります。
また、学習コミュニティへの参加は刺激とサポートがあるので、学習の孤独感を軽減します。
これらの要素を組み合わせることで、英語学習をより豊かで効果的なものに変えていきましょう。

目標設定と進捗管理を行う

英語学習の成功の鍵は、明確な目標設定と効果的な進捗管理にあります。
まず、具体的で達成可能な短期目標と長期目標を設定することが大切です。これらの目標は、具体性、測定可能性、達成可能性、関連性、時限性を備えたSMART基準に沿っているべきです。例えば、「3ヶ月以内に基本的な日常会話ができるようになる」や「次のTOEICで100点上げる」といった目標が考えられます。

目標を設定したら、その達成に向けての進捗を定期的に評価し、必要に応じて計画を調整します。進捗管理を行うためには、日々の学習活動を記録し、定期的に自己評価を行うことが推奨されます。また、目標達成に向けたマイルストーンを設定し、小さな成功を祝うことで、モチベーションを維持することができます。

一人で英語学習を進めない

英語学習は、個人の取り組みだけでなく、学習グループやコミュニティに参加することで、同じ目標を持つ仲間からのサポートを受けられ、学習への意欲が高まります。
共に学ぶことで、新たな視点を得たり、知識を深めたりすることが可能になります。

特にオンラインの言語学習コミュニティやグループは、場所を選ばずアクセスできるため、忙しい社会人にとっても参加しやすいです。これらのグループでは、学習のヒントの共有、言語交換、相互の励ましが行われ、学習の進行を促進します。また、定期的なミートアップや言語交換イベントに参加することで、実際のコミュニケーションスキルを鍛える機会にもなります。

これらの戦略を活用することで、英語学習はより社会的で、より楽しく、そしてより持続可能なものになります。学習者は自身の目標に向けて着実に前進し、英語を使ったコミュニケーションの楽しさと有用性を実感できるようになるでしょう。

まとめ

この記事を通して、英語を話せないという悩みがどれほど普遍的なものかがお分かりいただけたと思います。
まずは、英語を話せる環境の欠如という現実を見つめ、次に話せない具体的な理由を解析しました。そして、それに対する実践的な対策をご紹介し、英語学習を楽しく進めるヒントも共有しました。最後には、学習を継続するためのモチベーション管理の大切さに触れ、目標設定やコミュニティの力を借りることの価値についても言及しました。この情報が、英語学習の道のりを少しでも明るく照らす一助になれば幸いです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

サイト運営者

物や人を繋ぎ生活を豊かにするWEBサービスを作りたいと思い、言語交換サロン朝EIGOを運営中。
サンフランシスコに10ヶ月留学→新卒で楽天入社→現在はベンチャー企業で修行中。
TOEICは910点。
自身の海外経験を活かして、皆さんの英語学習や留学のサポートが出来る様に記事を書いていきます。

目次