英語を学びたい社会人必見!話せるようになるための具体的な学習法を紹介

EIGODIAではコンテンツの一部でAmazonアソシエイト含むPR活動を実施しており、得られらた収益で運営されています。
Pocket

社会人としての忙しい日々の中で、英語学習を始めることは簡単なことではありません。
英語を学びたい場合は正しい方法で自分に合った英語学習を行えば、スムーズに話せるようになります。

この記事では、これから英語学習を始めようと考えている社会人に向けて、効果的な学習方法や学習計画の立て方を紹介します。
独学やおすすめのスクールなど様々な方法を紹介するので、英語を学びたい社会人の方はぜひ参考にしてください。
この記事を書いた人
EIGODIA編集部(Hikaru)
・自身が英語を武器にキャリアが広がったことから、社会人向けの英語学習情報発信サイト「EIGODIA」を開始。
・日英の言語交換サロン朝EIGO、英語コーチを探せる英語コーチサーチを運営中。
・サンフランシスコに10ヶ月留学→新卒で楽天入社→現在はWEBマーケターとして活動中
・TOEIC910点。
英語力つけるならココがおすすめ!
【月額6,000円代から英語学習+英会話も!】
スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースの英会話セットプランであれば、ビジネス英語に関して自主学習からオンライン英会話まで一貫した学習が可能です!
月額6,578円(税込)と英語学習スクール等の中でも比較的に安いサービスです。
無料体験もあるので、ぜひお気軽に試してみて下さい!
目次

社会人でも英語が話せるようになるには

社会人が英語を話せるようになるには下記の4つのポイントを守るようにしましょう。

目的に沿った学習計画を立てる

社会人が英語を学ぶ第一歩は、自分の目的に合わせた学習計画を立てることです。例えば、海外出張が多いビジネスパーソンは、ビジネス英会話に焦点を当てた学習が必要です。
一方で、海外旅行を楽しみたい方は、日常会話や旅行関連のフレーズを中心に学ぶと良いでしょう。

目的を明確にすることで、学習内容が具体的になり、効率的な学習計画を立てやすくなります。また、学習計画には、短期目標と長期目標を設定し、それぞれの達成に向けてのステップを明確にすることが重要です。例えば、短期目標として「毎日30分の英語学習」、長期目標として「6ヶ月後にTOEICスコアを200点上げる」といった具体的な目標設定が有効です。
朝EIGO 編集部Hikaru

短期的な目標には上記のように行動でおくことをおすすめします!語学力は身につくのに時間がかかるので、長期目標を達成するために必要な行動目標を設定しましょう!

継続して勉強をする

英語学習の成功の鍵は継続です。毎日少しずつでも良いので、英語に触れる習慣を身につけるようにしましょう。時間がないときは、移動中や休憩時間に単語を覚える、短いニュース記事を読むなど、隙間時間を利用することも効果的です。

また、ルーチンを設定することで、英語学習を日常生活の一部にすることができます。例えば、毎朝起きた後や寝る前の固定時間に学習するなど、自分のライフスタイルに合わせた学習習慣を作るように勉強を継続させるために僕は手帳に勉強タスクを書き出していました!一つ一つ終えたタイミングでチェックをつけることによって達成感も湧くのでモチベーション維持にも繋がるのでおすすめです!
勉強を継続させるために僕は手帳に勉強タスクを書き出していました!一つ一つ終えたタイミングでチェックをつけることによって達成感も湧くのでモチベーション維持にも繋がるのでおすすめです!
しましょう。そして、モチベーションを保つためにも、自分が達成したことを記録し、小さな進歩を喜ぶことも大切です。
朝EIGO 編集部Hikaru

勉強を継続させるために僕は手帳に勉強タスクを書き出していました!
一つ一つ終えたタイミングでチェックをつけることによって達成感も湧くのでモチベーション維持にも繋がるのでおすすめです!

アウトプットの場を設ける

英語学習ではインプット(学ぶこと)だけでなく、アウトプット(使うこと)が非常に重要です。
例えば、英語の日記を書く、英語でのスピーチを録音して聞く、英語の会話クラブに参加するなど、実際に英語を使う機会を積極的に作ることが大切です。

また、オンライン英会話レッスンや言語交換パートナーを見つけることも有効な方法です。実際に話すことで、学んだことを実践に移し、自然な英語表現を身につけることができます。アウトプットの経験は自信につながり、さらなる学習のモチベーションにもなります。
朝EIGO 編集部Hikaru

留学を除いて一番僕が英語力がついたと感じたのは、2泊3日の英語合宿でした。そこでは英語勉強をするのはもちろん、全て英語で会話しなければならず、そこで臆せず話すことによって「英語を喋る感覚」を掴んだと思います。

英語学習にもPDCAを回す

PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)を英語学習に適用することで、学習効果を最大化できます。

まずは「Plan」段階で学習目標を設定し、それに基づいて実際に「Do」、つまり学習を行います。

次に「Check」段階で、自分の進歩を評価し、問題点や改善点を見つけます。
チェックに関してはTOEICなどの資格試験を利用したり、英会話のアウトプットをしているときにどれだけスムーズに話せたかなどで測ると良いでしょう。

最後に「Act」段階で、評価を基に学習計画を調整し、次のサイクルに移ります。
例えば英会話ができるようになるという目標に対して、「単語や文章は出てくるが発音ができなくて伝わらなかった」などの課題があれば、発音の練習時間を多く確保するようなイメージです。
このサイクルを繰り返すことで、効率的に学習を進め、目標達成に近づけることができます。PDCAサイクルは、学習方法の改善だけでなく、モチベーションの維持にも役立ちます。
朝EIGO 編集部Hikaru

英語学習者に多いのがCheckとActの部分を行わない人です。やったことに満足するのではなく、果たしてそれがどれくらい自己実現に繋がっているかを確認することで、最短距離で英語を話せるようになります。

英語を独学で学びたい社会人におすすめの勉強方法

英語を学びたい社会人にとって重要なポイントをお伝えしたところで、具体的な学習方法を伝えていきます。
まずは独学で始めたい方向けの勉強方法です。

本で学ぶ

独学で英語を学ぶ際、教材としての本は非常に有効です。

英語学習のための参考書から、初心者向けの簡単な物語やビジネス書まで、幅広い選択肢があります。まずは自分のレベルに合った教材を選び、基礎から応用まで段階的に学んでいくことが重要です。

例えば、文法書を使って基本的な文法規則を理解し、語彙力を増やすためには単語帳やフレーズ集が役立ちます。
また、実際の英語使用シーンを想定して、ビジネス英語や日常会話に特化した書籍を活用するのも良いでしょう。読解力を鍛えるためには、英語の小説やニュース記事を読むことも効果的です。
目的に応じて様々な種類の書籍を利用することで、総合的な英語力を高めることができます。

英語学習におすすめの本は下記の記事にまとめているのでぜひご覧ください。

アプリで学ぶ

スマートフォンやタブレットを使用して英語を学ぶ方法も、独学者には非常に便利です。
英語学習アプリは多種多様で、初心者から上級者まで対応しています。

例えば、単語学習アプリは、遊び感覚で楽しく語彙を増やすのに役立ちます。また、文法を学ぶためのアプリやリスニング力を鍛えるためのアプリもあり、自分の学習ニーズに合わせて選べます。

多くのアプリはゲーム感覚で学べるため、学習の継続がしやすく、隙間時間を活用して効果的に学ぶことができます。また、AIを活用したアプリも増えており、個々の進捗や弱点に合わせてカスタマイズされた学習コースを提供してくれます。これらのアプリを活用することで、いつでもどこでも手軽に英語学習を進めることが可能です。

下記の記事では英語学習におすすめな無料アプリを紹介しています。
アプリで勉強したい方はぜひ参考にしてください。

Youtubeで学ぶ

Youtubeは、英語学習リソースとして非常に豊富な情報を提供しています。

英語学習専門のチャンネルでは、文法レッスン、発音練習、実践的な会話表現など、様々な教材が無料で提供されています。
また、ネイティブの日常会話を聞くことができるブログ形式の動画は、リアルな英語を学ぶのに非常に有効です。

さらに、TED Talksやニュースチャンネルを視聴することで、高度な内容の英語聞き取りの練習にもなります。自分の興味や学習レベルに合わせて、様々なジャンルの動画を選ぶことができるので、楽しみながら学習を進めることが可能です。動画は視覚的な情報も豊富なため、単語やフレーズの意味を理解しやすく、記憶に残りやすいという利点もあります。

Netflixで学ぶ

独学で英会話力を身につけたい方におすすめしたいのはNetflixを利用した学習方法です。
Netflixでは洋画や洋ドラなど数多くの英語コンテンツが多くあり、それぞれが面白いので飽きずに見ることができます。

さらにおすすめの点は、Google Chromeで「Language Reactorという拡張機能を使うと日本語と英語の字幕を同時表示することができます。
>Language Reactorのダウンロードはこちらから

言語交換で学ぶ

言語交換は、英語スピーカーと日本語スピーカーがお互いの言語で話し合うことを指します。
この方法は、実際の会話練習に重点を置いており、英語の聞き取りと話す力を同時に鍛えることができます。

言語交換パートナーを見つける方法としては、オンラインの言語交換コミュニティやアプリがあり、世界中の英語学習者と繋がることができます。
また、地元の言語交換イベントやミートアップに参加することも良い方法です。言語交換では、お互いの言語を教え合うため、相手の文化や生活についても学ぶことができ、言語学習のみならず、文化交流の面でも有益です。言語交換は、実用的な会話スキルを身につけるだけでなく、新しい友達を作る機会にもなります。

朝EIGOでも朝EIGO salonという言語交換の場を提供しておりますので、興味がある方はぜひご参加ください!
>朝EIGO salonに興味がある人はこちら

効率よく英語を学びたい社会人むけの勉強方法

有料でも良いから効率よく学びたい / 教えてほしいという方には下記の勉強法がおすすめです!

英会話スクール

社会人が効率良く英語を学ぶ一つの方法は、英会話スクールの利用です。
英会話スクールは、学習ニーズに合わせたカリキュラムを提供し、専門の講師による個別指導を受けることができます。これにより、自分の弱点を克服し、効果的に英語力を向上させることが可能です。

実際の英語の使用シーンを想定したロールプレイやディスカッションなど、実践的なトレーニングを受けることができ、聞く力、話す力をバランス良く伸ばすことができるのでおすすめです!

さらに、最近はオンラインの英会話サービスも充実しており、自身のスケジュールに合わせて柔軟に学習を進めることができるのが大きなメリットです。
朝EIGO 編集部Hikaru

社会人でコストを抑えつつ、英語力と英会話力をつけたいならスタディサプリENGLISHのビジネス英語コースがおすすめです!
月額6,000円台で英語学習において非常に良い環境を手に入れられます!

英語力つけるならココがおすすめ!
【月額6,000円代から英語学習+英会話も!】
スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースの英会話セットプランであれば、ビジネス英語に関して自主学習からオンライン英会話まで一貫した学習が可能です!
月額6,578円(税込)と英語学習スクール等の中でも比較的に安いサービスです。
無料体験もあるので、ぜひお気軽に試してみて下さい!

英語コーチング

英語コーチングは、個々の学習目標や学習スタイルに合わせてカスタマイズされた指導を受けることができる、よりパーソナライズされた学習方法です。

専門のコーチが一人ひとりの学習進度やニーズを把握し、最適な学習プランを提供します。これにより、効率的に目標に向けて進むことが可能になります。
英語コーチングは、ただの言語学習ではなく、学習者のモチベーションの向上、時間管理能力、自己管理能力の向上にも重点を置いています。
そのため、学習者は英語のスキルだけでなく、自己実現の面でも成長を遂げることができます。また、コーチングでは一対一のセッションが主であるため、個人の質問や疑問に深く対応することができ、より深い理解を得ることができます。

英語コーチングは、特にビジネス英語の向上を目指す社会人や、特定の目標に向けて集中的に学習を進めたい人に最適な方法です。自分自身の学習スタイルやペースで学べるため、忙しい社会人でも効率的に学習を進めることができるでしょう。

英語コーチングの難点はコストが他の学習法よりかかることです。
下記の記事では安い英語コーチングをランキング形式で紹介しているので、興味がある方はぜひご確認ください。
朝EIGO 編集部Hikaru

さまざまな英語コーチングがある中でおすすめなのが、Bizmatesです!講師の質も高く、他のサービスに比べてかなり安いです!
無料体験もあるので是非試してみてください!

Bizmatesは、ビジネスに特化した英会話と英語コーチングを提供しているオンラインサービスです。採用率1%以下の選りすぐりの講師陣が優しい英語指導を行なっており、毎日朝5時~深夜25時まで通える事ができるので忙しい社会人におすすめの英会話/コーチングサービスです。
総合評価
料金
受講期間
カリキュラム
サービスの充実度
スクロールできます
入会金無料
料金13,200円〜39,600円(税込)
コース・スタンダードプラン
・学習動画見放題プラン
・コーチングプラン+英会話25分プラン
・コーチングプラン+英会話50分プラン
期間1ヶ月〜
サービス内容・月4回のコンサルティング
・25分〜のレッスンが毎日可能
・チャットでの学習相談
その他特徴・完全オンライン
・受講者コミニュティ有り
・早朝(5時)~深夜(25時)までレッスンを開講
・日本人講師 / フィリピン人講師在籍
・講師が全員ビジネス経験者

Bizmatesはビジネス英語の力を伸ばしたい社会人の方におすすめのサービスです!講師も英語を用いたビジネス経験者なので、実践的なビジネス英語を学べます。

私が実際に英語を話せるまでに行ったこと

いろいろな勉強法をお伝えしたところで実際に私が英語を話せるまでに行ったことについて触れます。
私が英語を喋れるように行ったことは下記の通りです。
英語が話せるまでに行ったこと
・受験英語の再勉強
・2泊3日の英語合宿
・週1回の英会話クラブ
・約1年間の留学
私が本格的に英語学習を始めたのは大学生になってからだったので、多少社会人の条件としては若干逸れますが、それでも本質的な部分は変わらないと思うので、ぜひご参考になればと思います。

最初に行ったことは受験英語の再勉強と2泊3日の英語合宿でした。
元々英語には興味があったものの大学入学時はTOEIC515点ととても英語力が高いと言える状態ではありませんでした。

英語合宿に参加するためにはTOEICが600点以上必要だったため、文法・リスニング・リーディングの勉強を参考書や本を中心に受験英語の再勉強を行いました。
そこである程度の基礎を固め直した状態で、合宿に臨み「簡単な英単語と英文で話す」ことを経験しました。この経験が非常にその後の英会話で役に立ったなと今では感じています。

実際英語を話す時はそこまで深い英語知識が必要なわけではありません。まずは簡単な英語でもいいので相手とコミニュケーションが取れたという経験が重要です。

その後はその感覚を忘れないために、週に1回の英会話クラブに入り、英語の授業や英会話の練習を行っていました。

さらにサンフランシスコへ約1年の語学留学に行ったのですが、ここでは発音や文法に気をつけて話すことを意識しました。
流暢に話せるようになることを意識するとやはり発音や文法には気を使わなければならないので、そういった部分をメインに勉強しました。
また強制的に英語しか喋らない環境に飛び込んだことは英語力をあげた大きな要因でした。

結果TOEICでは910点、今でも海外の友達と英語で喋りながら飲み会をしています。

一番飛躍的に英語力が伸びたのは留学経験なのは言うまでもありませんが、実際忙しい社会人にとっては難しい選択だと思います。

そこで上記の原体験を基におすすめしたいのが、英会話スクールか英語コーチングです。
英語を喋れるようになりたいけど期限がない人は英会話スクール。転勤やキャリアアップなど期間が決まっている人は英語コーチングを受けることがおすすめです。


英会話スクールでは僕が経験した合宿のように、英語を話せる環境が提供されるのがとても良い強みだと思っています。(しかも英語圏の人と)
英語コーチングはさらにその上で、学習計画や勉強時間などを個々人に合わせて強制的に進めて行くスタイルなので、留学のように英語漬けの日々を送ることができます。

ぜひ「英語を学びたい」けど、やり方がわからないという社会人の方は上記の方法を試してみてください!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

サイト運営者

物や人を繋ぎ生活を豊かにするWEBサービスを作りたいと思い、言語交換サロン朝EIGOを運営中。
サンフランシスコに10ヶ月留学→新卒で楽天入社→現在はベンチャー企業で修行中。
TOEICは910点。
自身の海外経験を活かして、皆さんの英語学習や留学のサポートが出来る様に記事を書いていきます。

目次